成田空港で海外レンタルwifi【安い!】を比較してみましたよ!

安くつくのが成田空港で借りる“海外用WiFiのレンタル”

こんにちは!

今日は海外旅行が大好きな私が、成田空港でレンタル料金が “安い” と評判の、海外用WiFiを比較してみましたよ。

これから成田空港を起点に海外旅行に出かける方は、是非、参考にしてください。


ところで、海外旅行や海外出張の時にスマホでデータ通信を使いまくり、帰国後に十数万円の請求が来た!

……なんて話が10年ほど前には、あちらこちらで飛び交ったものですが、さすがに今は聞かなくなりましたね。

皆さん、しっかり海外パケ放題に切り替えて使っているようです。

それでもスマホの通信料金は、私が使ってるドコモなんかだと、定額で1日2,980円もかかってしまうんですね。

しかもたくさん使うと、すぐに制限がかかってしまうのが現状です。

そんな携帯会社が提供している海外パケ放題よりも、断然安くつくのが成田空港で借りれる “海外用レンタルWiFi”……もちろんご存知ですよね。

ルーターの機種にもよりますが、大抵は5台ぐらいまで接続可能ですから、友達や同僚など、何人かで旅行する場合は、割り勘によって更に安く済ませることが出来ます。

★☆★ 成田空港で海外用WiFiをレンタルするメリット・デメリット! ★☆★

■メリット!

まずはメリットからです。

海外用WiFiのレンタルサービスを利用する場合には、必ずしも成田空港で受け取る必要はないのですが、郵送や現地受取と比べると、何かと利便性という点ではメリットがあります。

特に成田空港のカウンターで直接ルーターを受け取る場合には、その場で、わからないことを質問できるというメリットがあります。

1日借りて500円くらいで済むレンタルサービスですが、初めて借りる人にとっては不安が一杯です。

一通りWi-Fiの使い方のレクチャーを受けておくべきですね。

万が一渡航先で使えない!…ってことになったら身も蓋もありませんから。

また、郵送や宅配の場合には、どうしても時間的な余裕が必要になりますが、ほとんどのケースでは時間に余裕なくバタバタした状態で借りるする人が多いのが現状ですので、成田空港で受け取る場合にはギリギリに申し込んでも間に合うというところが助かります。

早い話が、空港カウンターに在庫があれば、当日申込んでも間に合うというわけです。

何より海外でしか利用しないわけですから、成田空港で受取りして、帰国したらまたその空港で返却するというのは分かりやすくて良いですし、荷物も減ることになります。

特に帰りは旅行で疲れているのでルーター一つ減るだけでも、随分身軽になった気分になるはずです。


■デメリット!

一方、成田空港で受取返却する場合のデメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。

まず、前述のように、成田空港などの広い空港の場合には受取場所には充分な注意が必要で、必ず事前の確認しておかなくてはなりません。

当日探せばよいと考えていては、時間に間に合わなくなる可能性が非常に高いです。

成田空港はホント広いので、焦れば焦るほどわけわかんなくなってしまいすから。

また最近では、海外用WiFiの利用者が非常に多くなっているので、事前に場所を確認していても、待ち時間がかかることもあります。

なので、成田空港で受け取る場合にも、ある程度の時間の余裕をもって、おうちをでましょう。

さらに言うまでもなく、専用カウンターや係員がいる業者を利用する場合には、安心感や利便性はありますが、その分は手数料に反映されることになります。

慣れている人の場合には、これらのサービスは必要ありませんので、受取返却手数料がかからない業者を選択するほうが良いケースもあります。

このように成田空港で受取返却する場合には、メリットであることがデメリットになる場合もありますので、自分に適した業者さんを選ぶことが大切です。

★☆★ 成田空港で海外用WiFiをレンタルする場合の申し込み手順! ★☆★

海外用WiFiレンタルの申し込み手順は、どこのどこの会社もおおむね同じ形式になってます。

ここでは最近当日レンタルも可能になった、『Wi-Ho!・ワイホー』を例にとって説明していきますね。


■申し込み

レンタルの申し込みは、ウェブサイトからスマホやパソコンで行います。

成田空港のカウンターや電話での申し込みは対応していないため、注意しましょう。


■成田空港での受け取り・返却

レンタル機器の受け取り方法は

・利用する成田空港のカウンターで受け取る

・宅配にて自宅で受け取る

の2種類があります。


この受け取り方法によって申込期限が異なるので、「予定がすれ違って受け取れなかった……」なんてことがないよう、旅行や出張のスケジュールに合わせてしっかりと確認&早めの申し込みを心がけましょう。


<申込期限>

成田での受取…出発日の前日正午まで

※深夜便利用の場合、出発前日の受け取りとなるため、出発の2日前正午が申込期限になります。


宅配受取…出発日の2日前正午まで、以下の地域は3日前までとなっています。

北海道、青森県、秋田県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、高知県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

※宅配の場合のWiFi機器お届け日は【出発日前日】となり、お届け日の指定はできないため注意が必要です。

配達時間の指定はできるので、予定などとの調整をしっかりして、確実に受け取れるようにしましょう。


基本的に申込期限をすぎての申し込みはできません。

しかし、「Wi-Ho!・ワイホー」では、日本国内の主要国際空港にあるカウンターで出発当日に申し込みが可能です。

しかし在庫に限りがあるので、WiFi機器が全部出払っていたら、もちろん借りることはできません。

当日貸し出しをアテにして成田空港に行ったら、在庫がなくてダメだった…なんてこともあるので、やはり事前にレンタル業者に申し込みをしておくのが安心です。


成田のカウンターで受け取る場合、『受注確認書』と『本人確認書類(パスポート・運転免許証など)』が必要になります。

上記のふたつがあれば、代理の人でも受け取ることができます。


返却は『成田の返却BOX』もしくは『宅配での返却』となり、身分証明証の必要はありません。

返却予定日を過ぎてしまうと、翌日から延滞料金がかかってしまいます。

超過した日数分の追加料金がプラスされるため、返却のし忘れには注意が必要です。

宅配で返却する場合、帰国日の翌日は商品発送日としてあてられるため、料金は発生しません。

そのため、帰国日当日に返却をし忘れても翌日に宅配で返却ができれば、追加料金はかからないので、万が一のときのために覚えておきましょう。


■支払い

支払い方法は【クレジットカードのみ】となります。

現金や請求書での支払いには対応していないので、あらかじめ注意しておきましょう。


■サポート

万が一、レンタル機器を紛失してしまったときや、回線トラブルなど旅行先でWiFiが使えない場合は、サポートデスクに問い合わせましょう。

24時間対応なのでいつでも問い合わせられますし、その後の対応をすみやかに指示してくれます。

その際の通話料はユーザーの負担になります。

★☆★ 成田空港で海外用WiFiをレンタルする時の注意点! ★☆★

【定額制であっても使い放題じゃない!】

みんなが公平にデータ通信を利用できるように、『Fair Usase Policy』という国際的な方針が定められています。

一部のヘビーユーザーの過剰な利用を防ぐため、定額制のWiFiレンタルのルーターであっても公平なデータ通信の利用をしよう!…というものです。

そのため通信をたくさんしすぎると、通信速度が遅くなったり、予告なく利用を止められるケースがあります。


【使い過ぎ注意!データ通信量の目安】

夜にホテルで時間ができてしまうと、ついついスマホをいじりがちになりますよね。

普通のメールやインターネット閲覧であれば大丈夫ですが、動画などを観るときは要注意です。

動画やビデオ通話は、数分で『Fair Usase Policy』の制限に達してしまう可能性があります。

通信量が増えないよう、使うときは気をつけましょう。


【意図しないデータ通信を防止!】

iPhoneなどのWiFi対応携帯電話・タブレットを使う場合、成田で飛行機に乗る直前にデータローミング機能を必ずOFFにしておきましょう。

万が一データローミングをONにしておくと自動的に通信が行われ、帰国後に高額のパケット代が請求されることになってしまいかねません。

データローミング機能とは携帯会社の電波が通じない場所で、各キャリア(ソフトバンク・ドコモ・auなど)が提携している現地の携帯会社の電波受信を可能にして、通信できるようにする機能のことを言います。

また、Apple社製品を使っている人は『iCloud』の設定も解除しておきましょう。

自動同期やバックグラウンド通信で、知らない間に通信量が発生してしまう可能性があるからです。

さらに、海外で通話をしない場合は成田で飛行機に乗ったと同時に『機内モード』をONにしておきましょう。

国際ローミング対応の携帯電話は、海外での通話料金は国内より割高です。

着信でも料金がかかってしまうため通話をしない場合は、機内モードの設定を確実にしておく必要があります。


【携帯電話のメールアドレス】

海外では、携帯電話のメールアドレスを使うことができないことも注意点のひとつです。

ソフトバンク・ドコモ・auの、@以下が「softbank.ne.jp」や「ezweb.ne.jp」などのドメインを使用する携帯キャリアだと、WiFi経由のメールが使えないケースがあります。

GmailやYahoo!は使えるため、海外ではこちらをメインにするのがいいでしょう。


【無料音声アプリ】

SkypeやLINEなどの無料音声アプリは、通話料は0円で利用することができますが、通信料がかかってしまいます。

WiFiを使うと、一定のデータ通信容量の範囲なら無料で利用することができますが、データ通信料金が高額になることがあるので気を付けましょう。


【会員IDやパスワードの送信は避ける】

海外では、セキュリティ対策不十分だったりすることがあるため、会員IDやパスワードの送信は避けることをおすすめします。

成田空港で借りることができる海外用のWiFiをレンタルしている場合は、通信を暗号化しているので安心ですが、フリースポットではリスクがあるので送信しないようにしてください。


【サポートが充実している会社を選ぶ】

海外用WiFiを成田空港でレンタルするときには、成田空港で借りることができて、返却も成田空港でできる会社のものを選ぶことをおすすめします。

また、セキュリティ対策がしっかりとされていることはもちろんですが、サポートがしっかりとしている会社を選ぶことも注意点です。

海外では、予期せぬことが起こる場合もありますし、基本的に英語など外国語でコミュニケーションを取ることになるので、かなり語学に自信がある人以外は、成田空港でサポートが充実している会社が提供してるレンタルWiFiを選ぶことをおすすめします。

★☆★ 成田空港でレンタルした海外用WiFiの使い方! ★☆★

海外でも快適にインターネットを利用することができ、携帯電話会社の海外パケットプランよりも格安で使うことができると、成田空港で借りることができる海外用WiFiを利用する人は、年々増加傾向にあります。

海外旅行中もアプリやSNSを楽しむことができ、地図や観光情報などもすぐに調べることができるのでとても便利です。

海外でも無料で利用することができるエリアはありますが、セキュリティ不安がある場合も多いので、安心して使うことができる海外用WiFiを成田空港で借りてから行くことがおすすめです。

成田空港で借りることができる海外用WiFiは、スマートフォンで申し込みをして空港カウンターで受け取ることができるほか、郵送で受け取ることも可能です。

返却するときには、成田空港にある返却ボックスに入れるだけで返却することができ、宅配返却もできるので返し忘れそうな人にも安心です。

レンタルをすると一式がセットになっていて、中にはACアダプタとマイクロUSBケーブル、変換プラグ、取扱説明書が入っています。

オプションでモバイルバッテリーを付けることも可能です。


≪利用方法≫

成田空港で海外用WiFiをレンタルしたときの使い方は、5ステップで簡単に使うことができます。

ルーターの電源を約5秒間長押しして電源を入れたら、約1分間でルーターが起動します。 自分のスマートフォンやタブレットのWiFi機能をオンにして、SSIDが表示されたらネットワークを使用するためのパスワードを入力すると接続することができます。

成田空港で簡単に借りることができて、設定も簡単な海外用WiFiは、コンパクトな手のひらサイズでとても小さくて軽いので、ポーチやショルダーバッグのポケット、ジャケットのポケットに入れてもかさばりません。

使いたいときにはすぐに電源を入れることができ、使わない時にオフにすることも簡単です。

小さくてどこにも持って行くことができるので、移動中や観光中でもアクティブに使うことができます。

返却するときには、そのまま箱に戻して成田空港にある返却ボックスに入れるだけなので、借りるときも使うときはもちろん返すときも簡単で便利です。

成田空港の海外用WiFiは、返却後にひとつひとつをスタッフが決められた項目について丁寧にチェックをして動作確認が行われています。

しっかりと動作確認が済んだら、ひとつひとつを丁寧にクリーニングや消毒をして、清潔な状態にしているので、女性だって安心です。

★☆★ レンタルセットの例(※イモトのWiFiの場合) ★☆★

①WiFiルーター

②WiFi充電アダプター

③マルチプラグ

④モバイル充電池 (エネループ) ※オプション装備

⑤3口電源タップ ※オプション装備

★☆★ 成田空港で海外用WiFiをレンタルした人たちの口コミ! ★☆★

成田空港で海外用WIFIを実際にレンタルした人たちの口コミを見ると、持って行って良かったという人の良い口コミがたくさん見られましたが、中には悪い口コミもありました。

海外に行ってから慌てて借りるよりも、レンタルするなら成田空港で借りる方が簡単なので、良い口コミや悪い口コミを参考にして決めることをおすすめします。


■良い口コミ!

「最初は海外旅行でインターネットを使うのかなあと半信半疑でした。

でもレストランを調べたり、公共交通機関を調べたり、地図アプリを使ったりと大活躍してくれました。」


⇒初めての土地では分からないことがたくさんあります。

インターネットを利用すると道に迷ったりすることが減りますし、街中で地図を見て観光客だと一見して分かってしまうこともありません。

海外旅行では、一回ずつの食事も大切にしたいものなので、美味しいレストランやカフェ、ワゴンなどを調べることができるのも便利です。


「宿泊先のホテルは比較的高級な部類を選んだので、ホテルの無料WiFiを利用できるはずでした。

ところが高層階の角部屋で自分の部屋では電波がとても不安定でした。

成田空港で借りて行って、本当に良かったです。」


⇒海外でもホテルのネット環境が整ってきていますが、電波が不安定だったり、無料のWiFi自体がなかったりする場合もあります。

ホテルならネット環境が整っているのが当たり前の日本と同じとは限らないので、借りておいて良かったという人は意外と多いようです。

ちなみに先月台湾に行ったとき、5つ星のホテルでしたが、無料WiFiの機器が故障していたらしく、まったく繋がりませんでした。

もちろん日本で借りて持ってきていたので問題はありませんでしたが、やはり海外旅行では想定外のことは起こるものです。


■悪い口コミ!

「海外旅行に行くときには、いつも成田空港で海外用WiFiを借りています。

小さくてポケットに入るサイズではありますが、ずっと持ち歩くとなるとちょっと面倒です。

使いたいシーンは多いので、常時持って歩いているのですがもっと小さくて財布に入るサイズだといいなあと思います。」


⇒海外でもインターネットを使いたいシーンはたくさんあるので、借りていくことがおすすめです。

ポケットに入れることができるようなサイズですが、普段はルーターを持って歩いていない人の場合は、便利ではありますが持ち歩くことが大変に思えるのかもしれませんね。


「ルーターをカバンごと紛失してしまったので、ルーターを弁償することになりました。

保険にも入っていなかったので全額弁償になってしまい落ち込みました。」


⇒盗難など、もしもの時にはクレジットカードなどについている海外旅行保険を使ってカバーすることができる場合があります。

盗難の場合には、盗難証明書をもらうことを忘れないようにしましょう。

ルーターをレンタルするときに補償プランがあるので、もしもの時のために加入しておくことをおすすめします。

◆◇◆ 成田空港 “海外用レンタルWiFi” …料金の比較をしてみた! ◆◇◆

成田空港で借りることの出来る “海外用レンタルWiFi” は、数社から提供されています。

でも、一体どこにしていいの?

自称…海外旅行通の私は、最近はそんな相談を頻繁に受けるようになりました。

そこで、

“安心して使える”

“レンタル料金が安い”

という観点から、みなさんにお勧め出来る3社をランキングにしてみましたよ……

成田空港の海外用レンタルWiFi【3社の料金比較ランキング】…続きはコチラ



■成田空港でレンタルできる、その他の海外渡航者用 海外で利用できるWiFi■